リゾート邸宅のような住み心地「レーベンプラッツ大泉学園」

練馬区付近で一戸建てをお探しの方のおすすめサイト→ はこちらです。大泉学園で大規模27区画の一戸建て土地開発をされた「レーベンプラッツ大泉学園」です。

大規模計画のいいところは一戸一戸の家だけでなく、その地区、街全体をデザインできることにより調和のとれた街並みを作りだすことができることです。「レーベンプラッツ大泉学園」は建物の南北に均等な環境性を設けた「アウトサイドラウンジ」で、玄関側からも庭側からも豊かな植栽や採光、通風などを感じることができます。余裕ある環境をデザインできたのは、大泉学園が風致地区だから。法律で自然と外観を守る地区に指定されており、ここで建てていいのは第一種低層住居専用なので、住み続けても高層マンションや工場等が近くに建ってしまう可能性はありません。周辺には20ヘクタール以上もの広さがある「和光樹林公園」や「都立大泉中央公園」、「大泉さくら運動公園」など、緑の潤いと開放的な環境に恵まれた場所です。

池袋12分、新宿16分、渋谷21分のたいへんアクセスの良い場所にある大泉学園駅。春には駅から約3km続く桜並木が美しい情景を作りだします。便利で緑豊かな風致地区の一戸建て生活を是非ご検討下さい。平成24年8月からモデルハウス公開中です。